知ってます?ホントは大事なタイヤの事

スリップサイン

スリップサイン タイヤのサイド部を探すと、△印が見つかります。これがスリップサイン。
スリップサインそのものは、トレッドパターンの溝の奥に隠れています。

タイヤをよく見ると、溝の間に一段高くなっている部分、これが、スリップサインです。 その一段高くなっている所が、1.6ミリ。法令で定められた残り溝の最低ラインです。

スリップサインの出た(残り溝が1.6ミリをきった)タイヤで走ることは、法令(道路運送車両の保安基準)で禁止されています。もし、1ヶ所でも1.6ミリまですり減ってしまったら、そのタイヤは使えません。スリップサインが出る前に、新しいタイヤに交換しましょう。

タイヤの溝は、タイヤと路面の間の水はけを良くする、排水溝の役割をしています。
タイヤがすり減ると、排水溝が浅くなり水はけが悪くなります。
水はけが悪いと、行き場を失ったタイヤと路面の間の水が溢れ、タイヤのグリップ力を低下させるのです。

雨の日に、革靴などの溝のない靴で歩くと、滑りやすくありませんか?これも、排水ができずに路面と靴の間に水が溜まってしまうからなのです。

タイヤにとって、溝はとても大切。
日本自動車タイヤ協会のデータによると 濡れた路面における、新品のタイヤと1.6ミリまですり減ったタイヤの制動距離には、10メートルもの差があります。 すり減ったタイヤは、それだけ危険なのです。

ローテーション

ローテーション タイヤは4輪全てが均等に摩耗するとは限りません。
概して言うと前輪駆動のFF車はフロントタイヤ、後輪駆動のFR車はリアタイヤの摩耗が早く進みます。
そこで、タイヤを均等に摩耗させるために、タイヤの位置を入れ替えるローテーションを行いましょう。
ローテーションを行うことで、摩耗が均一化され、タイヤが長持ちします。

ローテーションの目安として、走行距離およそ5,000km。
加減速が多い場合や、コーナーの多い山道を走ることが多い場合は、摩耗が早く進みますので、早めにローテーションを。
また、スタッドレスタイヤから夏タイヤへの履き替え時期にローテーションを行うと、
タイヤ交換も一度に済むので効果的です。

ローテーション

エアバルブ

エアバルブパンクしているわけではないのに、タイヤの空気の減るのが早いという場合、バルブが痛んでませんか。
エアバルブも消耗品です。
当店ではタイヤ交換の際に、エアバルブ交換も併せてお奨めしています。

スペアタイヤ

スペアタイヤ スペアタイヤの空気圧も、時間と共に減少していきます。
いざという時に安心して使用できるようスペアタイヤも定期的に空気圧点検されることをオススメします。
当店でもタイヤ交換の際は、できるだけ空気圧の確認をさせていただいています。

片減り

片減り タイヤトレッドの接地面左右で摩耗の具合が異なることを片減りと言います。
アライメントや空気圧、足廻りブッシュ類など様々な要因で起こりうる現象です。
過度の片減りのタイヤは交換が必要ですが、
摩耗初期の段階でローテーションを行えば、
寿命のアップ・片減り防止・疲労度の均一化につながります。

お問い合わせはこちら-TEL/FAX092-883-0254 メールでのお問い合わせはこちらから