• mixiチェック

インプレッサWRX タイヤ交換 1996.12.GC8ーD型

■2017/09/25 インプレッサWRX タイヤ交換 1996.12.GC8ーD型
「12月の車検前に、タイヤを交換したい。
 溝はあるが、ヒビがひどく、見ないフリしていたけど、
 さすがに、交換しよう。
 今回の車検は、金額が嵩みそうなので、
 ベーシックなタイヤにしておく。」由で、
タイヤは、ファルケン ジークス 914 F、
サイズは、205/50R16 87V。
ちなみに、交換したタイヤは、
「ここ10年位は、あまり乗っていない。」
と言われる通り、
2001年製造! の「ヨコハマ DNA GP」でした(懐かしい)。
T様のご用命を有難うございます。



スバルインプレッサWRX、
細かくは、「GC8 の D型」由。
「1996年9月発表の12月納車。走行 90,800Km。
 買ったまんまの、"ど"ノーマル。」
このプレーンさがたまりません。
「馬力競争の真っただ中のモデルで、
 240HP、260HP、と来て、280HPになった
 (インプとして)最初のモデル。」
だそうです。
ちなみに、純正ホイールのサイズは、
16 × 7J + 53 。
205幅の16インチですと、6.5J が多いですが、
おクルマは、"7J"!、さすがスバル、
こだわりを感じます。

空気圧は、前:230kPa、後:190kPa。
前後の差が大きめです。
(185/65R15 =前:230kPa、後:220kPa)。
応急用タイヤあり。



今なら、メーカーエンブレムが存在を主張するテールも、
WRX のロゴだけ。
ナンバーの”500"にもご注目。
当時は、全幅1,700mm未満でした。
このスリークさも、クールです。



腹下ー前から。
見にくいですが、見事に左右対称です。



腹下ー後から。
今でこそ、シンメトリカルAWDと謳っていますが、
機構的には、以前から変わりありません。

でも、一方で、整備性はーー、と思っていたら・・・。



「今回の車検で、タイミングベルトを交換する。」そうで、
エンジンルームを見せていただきました。
向かって右側バッテリーの左・オイル注入口の下、にチラッと
見えているのが、片側のタイ・ベルカバーです。
もう片側は、陰になっています。
「ラジエターを外して、周辺の補器・カバーを外して、
 できた隙間から、ベルト類を交換する。らしい。」
ゴン には、天文学的な作業に思えます。

「21年前、当時流行っていたレガシィツーリングワゴン
 を見に行った。試乗した。時に
 このモデルがあった。瞬間、
 衝撃を受けた。
 以来、乗り換えるタイミングも無いまま、
 今日に至る。
 車検の金額次第でー、とも考えたが、
 今回は、"枠内"に収まりそう。
 次に乗るなら、WRX STi。
 現実的には、R1、R2、ソニカなんかもいいねぇ。
 数は少ないけど。」

最近、しきりと、
クルマに"ワクワク感を"とか、"ドキドキ感を"とか
聞くような気がします。が、
ゴン 的には、
こういうおクルマに、よっぽど、
ワクワク、ドキドキ、します。
ときめきます。
ハコは大衆セダン、人も荷物も普通に乗せて、
ぱっと見は地味。小柄、(イマと較べれば)軽量。
でも、
音はドロドロ、踏めばイケイケ。
個性の塊です。
メーカーの考えているベクトルは、明らかに違います。
訂正。
ゴン がズレているのでしょう。
現代車は確かに、速い、安定、安全、快適、ですが、
多くが同じ様に見える、個性が希薄、
等と思うのは、"オヤジの懐古趣味"なんでしょうね。

素敵なおクルマを拝見致しました。
T様のご来店に有難く感謝です。
またのお越しを是非にお待ち致しております。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
タイヤの栄太郎西店
http://www.eitarou-nishi.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:福岡県福岡市西区下山門1-16-26 
TEL:092-883-0254
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
お問い合わせはこちら-TEL/FAX092-883-0254 メールでのお問い合わせはこちらから