• mixiチェック

BMW523iツーリング タイヤ交換 ランフラット摩耗したら

■2017/07/24 BMW523iツーリング タイヤ交換 ランフラット摩耗したら
7.24
2020東京オリ・パラ開会式まで3年



開店前準備中に
「開店前に申し訳ない。
 タイヤを交換したく、今から
 JAFさんにレッカーで運んでもらう。
 見てもらっていいか?」
とても丁寧な口調の奥様が
30分後にご来店です。
ランフラットタイヤにも関わらず、
右後タイヤが潰れ気味です。
前2本は、既に交換されていましたので、
今回は、それに合わせる事に致します。
F様のご注文を有難うございます。


タイヤは、ブリヂストン ポテンザ S001 RFT、
サイズは、225/55RF17 97Y です。
ランフラットの初期製品からすると、
快適性も「随分改善されている」と聞きます。

空気圧は、前:200kPa、後:230kPaです。
後が高めなのは、ボディ形状故でしょうか。


サイドウォール上の凸凹は、
タイヤー特にランフラットーにとって宿敵である
熱対策としての「クーリングフィン」です。
「乱流を促進してタイヤを冷却する技術」の由。
空気抵抗は増えそうですが、
サイドウォールの冷却には有効だと考えます。


ランフラットタイヤも、摩耗には勝てません。
ご来店時の空気圧は「0」でした。
この状態でも
「速度80Km/hで80Kmの走行が可能」
と言いますから、大したものです。

「8年、67,000Km」由。
寿命的には、充分だと思います。


上写真の内側です。
はっきりココ、とは分かりませんが、
全体的に、セパレーションを起こしています。
"削れて粉々"になっていないのは、さすがです。


BMW 523i ツーリング です。
テールゲートは、グラス部分のみ
開くこともできます。
因みに、ホイールは
CROMODORA社製でした。
この名前にトキメキを感じる、と言うと
歳がバレてしまいそうです。
空気圧リセットは、コンソールのコマンダーで
3段階の操作でした。
マニュアルを参照することも無く、
簡単に完了です。

JAFさんに、ご指定されてのご来店の由。
伺えば
「主人共々、タイヤはこちらで、と決めています。
 以前も、アウディでお世話になった。」
有難き幸せ!! の極み!!! 恐縮です。
毎々の、F様のご注文に有難く感謝です。
またのお越しを心よりお待ち致しております。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
タイヤの栄太郎西店
http://www.eitarou-nishi.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:福岡県福岡市西区下山門1-16-26 
TEL:092-883-0254
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
お問い合わせはこちら-TEL/FAX092-883-0254 メールでのお問い合わせはこちらから