• mixiチェック

ムラーノ タイヤ交換 ホイール裏までピッカピカ 位相合わせ

■2017/06/10 ムラーノ タイヤ交換 ホイール裏までピッカピカ 位相合わせ
お電話でご相談、ご注文の上、ご来店です。
K様のご用命を、有難うございます。


タイヤは、ダンロップ グラントレック PT3、
サイズは、235/65R18 106H です。
「高い走行性能と環境性能を両立させた
 オンロード向けSUV用タイヤ」
が、メーカー主張です。
正に、ムラーノ の様な おクルマ向け
の銘柄です。


空気圧は、前後とも 230kPa です。
応急用タイヤ装備です。
いざという時には、やはり心強いです。


新品か !!? と驚きました。
ホイールの裏側まで、ピッカピカ。


ピッカピカにされているお蔭で、
ホイールの"青点"が残っています。
せっかくなので、
今回は、"ユニフォーミティ マーク(タイヤの赤点)"
で、タイヤを組み込みました。
ざっくり申し上げると
「ホイールの青点=ホイールの径の最も小さな部分」
「タイヤの赤点 =タイヤの径の最も大きな部分」
を合わせる事で、
全体がよりまんまる=真円に近くなる、
という組込み方です。
これを”位相合わせ”と言います。

因みに、
「タイヤの黄点」と「エアバルブ部分」を合わせる組込み方を
"質量合わせ"と言います。
タイヤ交換の際は、
ホイールの青点(RROポイントという。白点だったり、色はマチマチ)
が残っていなかったり、
(社外ホイール等)無かったりするので、
"質量合わせ"が一般的です。が、
新車は、ゴン の知る限りは、"位相合わせ"です。


日産ムラーノ です。
車齢=7年、走行=約74千Km ですが、
ホイールのみならず、おクルマがピッカピカです。
「もともとのコーティングを5年目に剥いで、
 自分で、再コーティングした。」
とお話になるK様のお隣で、
奥様が呆れたように、しかしニコニコされながら、
「洗車機には入れないんです。
 休みの日には、半日かけて磨いています。」
どうりで、"濡れたような漆黒"、納得です。
K様は、
「そんなことはない」
と、言われますが、
磨きキズも見当たらず、さぞかし、な状態です。

ーそのようなK様が、今回は何故ゆえにご来店?
「私がネットで探しました。評判も良さそうで、
 電話の応対も丁寧、価格も、だったので。」
奥様がお答えになりました。
お言葉に、最敬礼です。

K様のご来店に有難く感謝です。
またのお越しを心よりお待ち致しております。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
タイヤの栄太郎西店
http://www.eitarou-nishi.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:福岡県福岡市西区下山門1-16-26 
TEL:092-883-0254
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
お問い合わせはこちら-TEL/FAX092-883-0254 メールでのお問い合わせはこちらから