• mixiチェック

ルノー トウィンゴ  タイヤホイール交換ー1 準備編 福岡

■2016/11/12 ルノー トウィンゴ  タイヤホイール交換ー1 準備編 福岡
ルノー トウィンゴ インテンス キャンバストップ

タイヤ・ホイールをお持込で組込の上、お取付です。
「プライベートで、メガーヌRSに乗っていて。
 ある所で、
 『伊・仏車を扱う、気の利いたショップがなかなか無い』
 という話をしていたら、
 『じゃあ、自分でやったら』
 となって、立ち上げてしまいました。」
とおっしゃるY様です。
「事務所が、すぐそこ」との事で、今回のご来店です。
という事は、
「わが社のデモカーです。
 これから、もう少々"変身"の予定です。」
因みに、おクルマのナンバーは、
車名の TWINGO そのままの番号にされています。
さすがデモカー、語呂合わせがお洒落です。


ルノー トウィンゴ インテンス キャンバストップ 。

ルノー・日産アライアンスと、ダイムラーAGの提携から生まれた
スマートフォーフォーとの兄弟車です。
『スマートの強固なシャシーー"トリディオン・セーフティセル"ーに
 ルノーのパワートレインを組込んで、各々の車名で販売』
という成り立ちです。

因みに、リアのドアノブは目立たない様に処理してあり、一見2ドアです。
また、リアサイドウィンドーの開閉は、ヒンジ式。
雨の日の換気には、最高の装備です。


タイヤは、KUMHO ECSTA HS51 。
サイズは、
前:195/40R17
後:215/40R17 です。
前の195/40R17 はとても珍しいサイズです。 


上2本が前用、
下2本が後用、
見た目にも、太さが違います。


リアの足回り。の
奥に注目。
向かって、右方向が前方です。
陰になっていますが、
後方に49度傾けてマウントされたエンジンと、ドライブシャフトが見えます。
後車軸より前にパワートレインが収まるので、
細かくは、RR というより、MR です。
トランスミッションは、「6段EDC」という「デュアルクラッチ」を搭載。
"シングル"ではなく、"デュアル"です。
同クラス他車に、差を付けています。


フロントの足回りです。
ドライブシャフトがありません。し、そもそも、
エンジンがありません。
お蔭でハンドル切角を大きく取る事ができ、
最小回転半径は 4.3m と軽自動車並みです。


空気圧は、
インチアップにより、
前:220kPa、
後:270kPa、
での設定をご指示です。


続きます。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
タイヤの栄太郎西店
http://www.eitarou-nishi.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:福岡県福岡市西区下山門1-16-26 
TEL:092-883-0254
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
お問い合わせはこちら-TEL/FAX092-883-0254 メールでのお問い合わせはこちらから