• mixiチェック

番外 全長18mバス スカニア社 福岡BRT 西鉄連接 福岡

■2016/05/20 番外 全長18mバス スカニア社 福岡BRT 西鉄連接 福岡
先日、当店の前を通りがかりました。

試運転中であろう、西鉄の「連接バス」です。

長っ!!

全長:約18m。
   一般バス=約11m。
   因みに全幅は、約2.5mと一般バスと同等です。

定員:130名(予定)。
   一般の路線バスの収容人数が75名前後、約1.7倍以上。

価格:1億円弱。
   一般的な路線バスの価格が約3000万円前後。



福岡市などが発表したプレスリリースによりますと、
福岡市における「都心循環BRT(Bus Rapid Transit)」は、
「連節バスの導入、シンボリックなバス停整備、
 鉄道や路線バスとの乗継強化などにより、
 従来のバスよりも、速く、時間どおりに、たくさんの人を運ぶ、
 分かりやすく使いやすいシステム」
と、定義されています。
予定では、15台 !! 導入の由。
車両だけで、約15億 !!! 。

コース:・天神、
    ・博多、
    ・再開発が進む博多港国際ターミナル(ウォーターフロント地区)、
    の循環を予定。

予定コースには無い「西区」を走行とは、
2020年本格運用を目指して、慣熟走行の真っ最中ですね。

車両は、「スカニア社」製です。
調べてみますと、
「元々は、サーブ・スカニア社(道理で、見覚えのあるエンブレム)だったのが、
 トラック・バス部門がサーブ社から独立、現在はVW社傘下。
 部品を共用する、"モジュラーデザイン技術 ! "に定評があり、
 現在のVW車に活用 !! 。」
だそうです。
きっと、現状に落ち着くまでに、
様々な、パワーバランスとベクトルが入り組んだのでしょう。


ランプ類は、LEDです。
ホイールはアルミ?
光り輝いています。

写真では判りにくいですが、
「試験走行中」の上には
「VOLGREN」の文字。
「SCANIA社」の車台に「VOLGREN社」が架装?
知らない事がいっぱいです。


「全長18m追い越し注意」
そりゃ長いわ。

何故スカニア社?
メンテナンスはどこで?
なんて野暮な事は考えず、
今は素直に驚きましょう。

「乗ってみたい」のは当然ですが、むしろ、
「眺めてみたい」の方が強いのが、本音です。
「再開発の進んだ"ビッグバン"天神を、"18mバス"が走る」風景は
妄想野郎にならなくとも、強烈に楽しみです。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 
  Facebookやってます(同内容ですが)。
  ご意見、ご要望、ご感想、叱咤激励、応援、苦情、等々と併せて
  いいね!を押してもらえると喜びます♪


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
タイヤの栄太郎西店
http://www.eitarou-nishi.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:福岡県福岡市西区下山門1-16-26 
TEL:092-883-0254
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
お問い合わせはこちら-TEL/FAX092-883-0254 メールでのお問い合わせはこちらから